旗揚げ日記

備忘録等

レッド・デッド・リデンプション2 気ままにプレイ日記2

f:id:hataagenikki:20181026103024j:plain

 

無事バレンタインの町に到着したアーサー。チュートリアルから解放された解放感もあり、ショッピングで散財に次ぐ散財。200ドルあった所持金が気付けば30ドルに。

このままではまずいと思い金策を開始する。序盤の金策は馬を売るのがいいと発売前のプレイリポートで読んでいたので、草原で野生馬を探すことに。

道中コルムギャングに襲われるが難なく撃退。前作でも思ったけどデッドアイの能力が凶悪すぎる。準2級エイム障害の私でもさくさくギャングを殺せてたのしい。

 

万能感に酔いしれながら捜索を続け、ついに草原に佇む野生馬を発見。投げ縄を手に駆け寄るアーサー!

 

f:id:hataagenikki:20181028112438g:plain

ぐえー!

 

物体が衝突すると衝撃が発生することを知らなかったアーサー、盛大に吹っ飛ぶ。

まさかこんなリアルな当たり判定があるとは思わなかったんです。よく見たら馬に鞍ついてるから野生でもないみたいだし。そもそもこの段階では馬屋がオープンしてないんで捕まえても売れないし。この主人公デッドアイ使えなかったらただのマヌケなおっさんだよ…

 

全身の鈍痛に耐えながらなんとかキャンプに帰宅。日が落ち始めていたのでキャンプの面々に挨拶をしてから食事をして就寝。生活感あふれるゲームだ。

翌日の朝、コーヒーを飲みながらキャンプをうろついていると年長者のホゼアから一緒に狩りに行かないかと誘われた。ホイホイついていくアーサー。

ついでに余ってる馬を売りたいからバレンタインの馬屋に寄って行くとのこと。ここで馬屋がアンロックされるんですね。

移動中会話をする二人だが、どっちがしゃべっているのか字幕だけだとさっぱりわからなかったので、設定で字幕の話者表示をオンにした。

 

会話の内容はダッチギャングの話。アーサーもホゼアも古参のようで会話が弾む。

馬屋に着くとアーサーの馬も新調するように勧められた。購入特典の馬が無料で買えるようなのでそれにする。柄があまり好きじゃないけどステータスが中々高い。

 

f:id:hataagenikki:20181028142752j:plain

 

名前を付けるよう言われたので、思い付きで「マカロニフィーバー」と名付ける。競走馬みたいだ。ちなみに元ネタはマカロニ・ウェスタンではなくマカロニサラダを食べながらプレイしていたから。

 

マカロニフィーバーに跨り、狩りの現場へ向かう二人。どうやらクマを狩りに行くらしい。大分北上したところでクマの痕跡を発見。餌でおびき出すか二人で手分けして探すか提案されたので餌を使うことにする。

餌を置いて物陰から様子をうかがうも、すぐに餌の置き方が悪いんじゃないかと見に行くホゼア。しぶしぶついていくアーサーだが、タイミング悪くクマさん登場。

 

f:id:hataagenikki:20181028143956j:plain

戦犯ホゼア

危機一髪デッドアイフル活用でクマさんを撃退するアーサー。やれやれと振り返るとホゼアがずっと遠いところに隠れていた。このじじい…

「もう俺歳だからー」と言ってそそくさとキャンプに帰るホゼア。一緒にかえろ…?と言われたが、手ぶらで帰れねえよと先ほどのクマを追うことにした。

どうやら先ほどのクマは伝説の動物らしい。どういうことかよくわからないがまあすごいどうぶつということでしょう。痕跡をたどるとすぐ見つかった。さっきデッドアイでそこそこのダメージを与えたはず。ライフルで遠くから仕留めてやるぜ!

 

f:id:hataagenikki:20181028144843j:plain

ぐわー!

超スピードで迫るクマを止められず押し倒されるアーサー。死んだわこいつと思ったが、爪でズタボロに切り裂かれながらもクマを振りほどき、デッドアイで勝利を収めるアーサー。この人すごいんだがすごくないんだかわからない。記念に自撮りを一枚パシャリ。

 

f:id:hataagenikki:20181028145138j:plain

誰が撮ってるんだ

 

ヘルプによると、伝説動物の素材を罠師に持っていくと特別な服を作れるらしい。罠師がどこにいるかわからないのでとりあえずキャンプに素材を持ち帰ることにする。恐ろしく手際よく毛皮を剥いでマカロニフィーバーに積む。元が大きいので、皮だけでも丸々鹿一頭と同じくらいの大きさだ。

 

帰宅途中、オオカミに襲われているおっさんが助けを求めていた。デッドアイがゲージ不足で使えずかなり手間取ったがオオカミを撃ち殺しおっさんに駆け寄る。回復薬か酒を渡す選択肢が出たので薬を渡したが、こんなんじゃ治んねえよ!とキレられた。そのままお亡くなりに。

言われてみるとオオカミにズタボロにされてるのに回復薬で治るわけがないと反省するアーサー。ちなみにこの男、先ほどのクマにやられた傷はウサギを食って完治させている。

 

 

ダッチギャングのキャンプに大分近づいてきたところで、男二人組が簡易キャンプを建てていた。友好的に挨拶をするが、ゲットアウトの一言。むかついたので殺した。いい感じの帽子が「落ちて」いたので拾っていく。

 

f:id:hataagenikki:20181028150750g:plain

いい感じ

 

そんなこんなでキャンプに帰宅。次はどうしようかとマップを眺めていると罠師のアイコンを発見。明日はここに向かおう。

 

 

 

 

 

レッド・デッド・リデンプション2 気ままにプレイ日記1

f:id:hataagenikki:20181026103024j:plain

 

全世界待望のRDR2が発売されたので早速プレイ。PS4版。

1もプレイ済みだが、8年前ということもあって内容はほとんど覚えていない。お人よし主人公のマーストンさんと愉快なクズの他人達だった気がする。

 

 

 

いきなり雪の中遭難しているダッチギャング一行。空き家を見つけ取り合えず難を逃れたが食料も備品もなく危険な状態。本作主人公のアーサーとギャングのボスであるダッチが周辺の捜索に出かける。道中仲間のマイカと合流し、近くに農家があることを知る。物資を分けてもらうため交渉に向かう3人。

 

f:id:hataagenikki:20181026103832j:plain

 

農家に到着、複数人だと疑われるということでダッチが交渉を行うという。アーサーとマイカは近くで身を隠すように言われるが、まだ碌に操作方法もわかっていないので右往左往するアーサー。ついには盛大にずっこける。

 

 

f:id:hataagenikki:20181026103449g:plain

これは恥ずかしい

 

しかも農家にいたのは敵対しているコルムギャング。すでに襲撃を受け荒らされた後だった。ギャングをとっちめ、物資と監禁されていた農家の女を回収し仲間のもとに帰る。

 

少しの休息の後、吹雪で迷子になったマーストンさんを探してほしいと依頼されしぶしぶ出かけるアーサー。マーストンさんとあまり仲が良くないっぽい。

助けを呼ぶ声が聞こえても、雪に残る足跡の描写に夢中で中々助けに行かない。

 

f:id:hataagenikki:20181026104815j:plain

PS4Proじゃなくても十分綺麗で感動する



瀕死のマーストンさんを助け出し帰宅。今後はコルムギャングの潜伏地を見つけたから襲撃すんぞとダッチに言われる。おつかい方式のチュートリアルが続くがしょうがない。ちなみにこのチュートリアルが終わるまで大体2時間半はかかる。0時の発売と同時に少しやろうと息巻いていたサラリーマンは本編への期待を煽りに煽られた状態で会社に行くことになっただろう。午前年休を取った私の勝ちということになる。

 

コルムギャングをボコボコにし物色すると列車強盗の計画を立てていたことが判明。爆弾など必要なアイテムもそろっていたので計画ごとパクるダッチ。正義の味方が主人公のゲームではありえない展開にわくわくする。

 

早速列車強盗に…とはならず、食料が底をついたので狩りに駆り出される(爆笑)アーサー。この人ダッチの右腕ってどこかで見たような気がしたんですけど気のせいですか

ね?ずいぶんこき使われてますけど。

 

 

ベテラン感漂うチャールズに連れられ、アーサー君はじめての弓狩猟。手を怪我しているため弓を扱えないチャールズだが、代わりに鹿の探し方を教えてくれる。イーグルアイとかいうアサシン的謎技術を習得したアーサー君は足跡を追い鹿を発見。よーく狙いをつけて…発射!外れ!逃げる鹿!

 

f:id:hataagenikki:20181026204059j:plain

あちゃー

 弓を絞りすぎると照準がぶれっぶれになるので、じっくり狙うのはよくないらしい。銃とは扱い方が違くて難しい。外したらまた鹿を探すところからというプレッシャーもすごい。

雪原を数分さまよい、2頭目の鹿を発見。今度はクイックショットで仕留めようとするが…

 

f:id:hataagenikki:20181026204721g:plain

スッ

f:id:hataagenikki:20181026204102j:plain

・・・



数時間後リボルバー片手に鹿を狩りまくるアーサー君が現れるがそれはまた別のお話。

なんやかんやで鹿を2頭仕留め、あとはチャールズと一緒に帰るだけ…だったのだが…

 

f:id:hataagenikki:20181026205248g:plain

あっ

 

 馬の止め方を忘れたアーサー君。チャールズを轢き殺す。とんでもない無能っぷりですけど今後大丈夫ですかね。簡単に言うと私の操作がポンコツすぎるんですけど。アーサー君とか言ってますけど彼も被害者ですからね。もっと操作の上手い人に拾われていれば…

 

しかもゲームオーバー画面でリスタートを選んでしまい、狩りに出かけるところまで巻き戻ってしまう始末。直近のチェックポイントからゲームを再開するときはリトライを選ぶんだ!お兄さんとの約束だぞ!

 

やっとこさ帰るとついに列車強盗を決行するというダッチ。トラブルで計画を変更するもなんとか強盗成功。新天地を目指すダッチギャング一行。

 

f:id:hataagenikki:20181026211055j:plain


なんで大一番がたった二行で終わるのかというと、録画を忘れていたからです。

とにかくこれでチュートリアルは終了。先ほどとは一転緑あふれる大地にキャンプを張り、後は自由に動けとのお達し。プレイの方針としては善人悪人という括りではなく、その時々の気分で行動を決めたいと思う。「人助けをする」「強盗もする」両方やらなくちゃあならないってのがギャングのつらいところだな。

やりたいと思ったら空腹の捕虜のまんまえで飯も食う。

 

f:id:hataagenikki:20181026211818j:plain

黄金の精神とは

 

まずは近くにバレンタインという名前の小さな町があるらしいのでそこに着くことを目標とする。途中なんとなく馬車を襲ったら瞬く間に保安官が集まってきた。

 

f:id:hataagenikki:20181026212203j:plain

 

 

流石に勝てる気しないのでおとなしく降伏する。っていうか上のスクショまじきれいじゃないですか?絵面はマヌケそのものですけど、映画のワンシーンみたい。グラフィックもすんごいですけど、なんというか空気感が素晴らしい。

 

捕まったら運よく?バレンタインの留置場に連れていかれたので、しゃくぜんとしないが目標達成となった。

色々と探索しがいのありそうな町ですけど、今日はこの辺で。

 

f:id:hataagenikki:20181026212809j:plain

どうもしてない



 

 

Total War: WARHAMMER II リザードマン 初心者プレイ日記5

f:id:hataagenikki:20181010201712j:plain

※ゲームの性質上画像が血塗れなので注意してね

 

ネズミーの大群に侵攻されたところから。オーク、ハイエルフとの連戦で消耗した兵士達ではネズミーの進行を止められず、次々に拠点に略奪行為を行うネズミーを眺めることしかできない。首都エショアトルでクロシゴルさんを始めとした精鋭を徴兵を開始するが、準備できるまで結構かかりそう。

となりのおっさんにも出兵を要請したが、勢いを増したネズミーはおっさんの領地にも侵攻を始めた。どんどん状況が悪くなっていく。

 

f:id:hataagenikki:20181021115439j:plain

ネズミーに逆らうな


だが、いくら大群といえども数は減らせる。都市防衛部隊を指揮し、少しずつ数を減らし遊撃部隊でネズミーを各個撃破することに成功。

 

f:id:hataagenikki:20181021115758j:plain

レベル1ロードでもこれだけ消耗している部隊には勝てる

 

とはいえ、ネズミーは次々と部隊を送ってくるため全く油断できない。幸い防衛施設を整えた拠点にも無謀な突撃を仕掛けてくることがあるので、チャンスを逃さず着実に戦力を削る。

数が多いとはいえ所詮はげっ歯類。目の前に置かれたチーズを取らずにはいられない馬鹿な生き物よ。ハハッ。

 

f:id:hataagenikki:20181021120509j:plain

ん?

遊撃に出ていた部隊が待ち伏せにかかってしまった。汚いなさすがげっ歯類汚い。ちなみにこのゲームの待ち伏せ、相手の視界に入っていない状態で待ち伏せ姿勢をとると相手には位置が全くわからないため強力な戦法だ。だが、今回のような進行中に待ち伏せ姿勢にしても位置がバレるため(部隊が急に消えるので場所まるわかり)AIでも滅多に引っかからない。そんな戦法を使うなんてやはり馬鹿なげっ歯類。相手が信じられないほどのアホで良かったな!ちくしょう!

f:id:hataagenikki:20181021121350j:plain

 

待ち伏せ戦ではユニットの配置を決めることができず、隊列が伸び切った状態で戦闘が始まる。今回は小部隊だからそこまでデメリットはないが、大部隊だと致命的な被害を受けるので注意しよう。そもそも疲弊した部隊を追っていたので待ち伏せしていた敵も壊滅寸前だった。問題は援軍が来ていること。2部隊で待ち伏せを行っていたらしく、おそらく援軍は無傷だろう。数がわからないがとにかく勝機を逃さないために、目の前の敵を速攻で片付けよう。援軍に挟み撃ちをされると絶対に勝てない。

 

f:id:hataagenikki:20181021123028j:plain

激戦

順調に敵を倒していたところで敵の援軍の姿が見えた。そこそこの手負いのようだが数が多い。かなりまずい状況だ。

f:id:hataagenikki:20181021123225j:plain

 

こちら側の強力なユニットはトリケラトプスぐらいで、他は安価な雑兵。盾持ちを壁にしつつ側面があいた部隊にはトリケラトプスを突撃させ殲滅する。

 

f:id:hataagenikki:20181021123557j:plain

激戦の跡

とにかく細かく指示を出し、有利な隊列を保ちつつ戦う。操作にも慣れてきたので割と思い通りに部隊を動かすことができて楽しい。このゲームの醍醐味ですね。

そんな頑張りの成果もあり、この戦闘の最終局面。こちらのユニットはロードとトリケラトプスのみとなったが、相手も3部隊にまで減らすことができた。

 

f:id:hataagenikki:20181021124052j:plain

にぎやかだった戦場にも哀愁が

 

ロードが負けると味方の士気が激減するので瀕死のまま逃げまわってもらった。

 

f:id:hataagenikki:20181021124513j:plain

その間もトリケラトプスが頑張ってくれたおかげでギリギリの勝利。

この圧倒的な戦力差を自分の指示でひっくり返せたのは爽快だ。まあ自分の指示の成果というより、トリケラトプスが一騎当千の無双をしてくれたおかげな気がする。めっちゃつよいよこの子。更に戦闘後の画面でこちら1000に対し相手は1300の軍勢だと判明。ユニット数は多かったが手負いのため、数にそこまで差はなかったようだ。

で、でもまあ勝ちは勝ちだから!

 

 

f:id:hataagenikki:20181021124700j:plain

 

 

今回の勝利のおかげでネズミーの侵攻速度を大分抑えることができた。そして首都エショアトルから頼もしい援軍も到着。反撃の時は近い。

 

 

f:id:hataagenikki:20181021125209j:plain

援軍ちらみせ

 

 

Total War: WARHAMMER II リザードマン 初心者プレイ日記4

f:id:hataagenikki:20181010201712j:plain

 

いきなりのハイエルフ戦。そしてリザードマン初の防衛戦である。

 

f:id:hataagenikki:20181019210326j:plain

 

こちらもオークとの戦いで消耗しているので、安価なトカゲユニットに城壁を守らせ、城門を突破してきた敵はクロシゴルさんで叩き潰す作戦で行く。

 しかし、相手も攻城の準備をしていた。櫓とハシゴを使いガンガン城壁を制圧してくる。

f:id:hataagenikki:20181019211236j:plain

無駄に洒落た櫓

f:id:hataagenikki:20181019211341j:plain

ハシゴは普通

 

城門を突破してくる敵は少数しかいなかった。クロシゴルさんは城壁に配置するべきだったかと後悔するも時すでに遅し、フェニックス的な鳥まで襲撃してきた。

 

f:id:hataagenikki:20181019211727j:plain

ふつくしい…

こんなタイミングで言うべきことではないかもしれないけど、私は鳥が好きだ。鳥フェチだ。次はハイエルフでプレイしよう。鳥に見惚れている間にもトカゲが次々と殺されていく。気づいた時には城壁を制圧されていた。というかアイコンの色が同じ赤色なせいでどっちがどっちのユニットか非常に分かりにくい。

 

f:id:hataagenikki:20181019212155j:plain


今スクショをみて丸いアイコンがリザードマンだと初めて気づいた。戦闘中は忙しいし気づかなくてもしょうがないよね。私は悪くないよね。ね。

城壁上はズタボロにされたが、城門の部隊はきっちり締めた結果、相手の士気が上がらず撤退させることに成功した。しかし中で待機していたクロシゴルさん、トリケラトプス、長距離砲のユニットがとても強い。たまに発狂して指示を受け付けなくなるデメリットを持っているが、それを差し引いても圧倒的な火力と体力だ。正直ほっといても問題ない。

 

f:id:hataagenikki:20181019213011j:plain

勝者の特権晒し首

いつのまにか死んでいたフェニックスが踏まれていて悲しい気持ちになった。いずれ活躍させてあげるからね…RDR2クリアするまで待っててね…

撤退したハイエルフを追撃して一安心。…と思ったら世界最強のネズミー集団が押し寄せてきた。

f:id:hataagenikki:20181019224113j:plain

 

いい加減消耗が激しくてヤバイ。ヤバいけど好感度が-216なので和平交渉にも応じない。めちゃくちゃ嫌われてますけど私何かしました?

Total War: WARHAMMER II リザードマン 初心者プレイ日記3

f:id:hataagenikki:20181010201712j:plain

 

南下する準備を整えていたところで儀式の準備ができた。

儀式をすべて完了するとゲームクリアとなるが、儀式中はケイオスの襲撃を受けることになる。一回目のプレイではケイオスが来ることを知らなかったので敗北したが今回は問題ない。ケイオスが北の大地からくることは知ってるし、北の守りはバッチリだ。

南下してオークと戦争を始める前に儀式を始めてしまおう。

 

f:id:hataagenikki:20181016210544j:plain

 

おろ?

自陣のド真ん中に現れましたけど?

 

f:id:hataagenikki:20181016210743j:plain

 

拠点落とされましたけどおおおお!

 

出現位置ランダムなんですか?しかも現れたそのターンに行動始めるし。増援即行動はダメだってトラキア776で学ばなかったのか。

 

中々の被害を受けたが、過ぎたことに何を言ってもしょうがない。怒りを抑えケイオスさんにお帰り頂く。

f:id:hataagenikki:20181016212600j:plain

ブチギレトプス

 

f:id:hataagenikki:20181016212853j:plain

ケイオスの見た目はめちゃかっこいい



今回初めて実戦投入したクロシゴルが大活躍。維持費が高めだが強くて硬くてかっこいい。今までのトカゲ達とは一線を画する勇ましさがある。

f:id:hataagenikki:20181016213248j:plain

原宿を歩いていそうなイケメン二人組

 

自陣に現れたので逃げ場のないケイオスをさくっと倒し、潰された拠点の再建を行う。

南に続々とオークが集まっているが気にしない。南の偵察中に同族のリザードマン勢力と会う。同族ボーナスで好感度が最初から高かったので同盟を結ぶ。おいしいコオロギの話とかで盛り上がるのだろうか。

 

勢力ランキング一位のネズミから何故か宣戦布告される。世界最強のネズミってやばそう。ハハッって笑いそう。対応しようにも拠点の位置すらわからないのでとりあえずオーク戦に集中する。

 

f:id:hataagenikki:20181016215440j:plain

 

部隊数では負けているが、クロシゴルさんを筆頭として強者揃いなので優勢のまま勝利。相手ユニットのキル数が1桁なのに対しクロシゴルさんは3桁。まさに桁違いの強さである。

オークを次々を制し滅亡寸前まで追い込む。頻繁に金を差し出しながら和平交渉を行ってくる。オークちゃんのこんな姿は見たくないよ。全滅覚悟で特攻してきてよ。

 

奪った拠点の設備をうきうきで整えていると、南西からハイエルフが攻めてきた。宣戦布告を受けた覚えはないが既に戦闘状態。同盟中のおっさんに頼まれて宣戦布告したかも。余計なことばかりしやがって。

 

オークとの戦闘で結構消耗しているが大丈夫だろうか。

f:id:hataagenikki:20181016221218j:plain

なんかいる



Total War: WARHAMMER II リザードマン 初心者プレイ日記2

f:id:hataagenikki:20181010201712j:plain

※ゲームの性質上画像が血塗れなので、苦手な人は注意してね。

 

 

前回となりのネズミさんに宣戦布告をされたため軍拡を急ぐ。

新しいロードを採用し2軍を結成。首都に準備した施設から飛行ユニットを生産し配属する。

f:id:hataagenikki:20181014170453j:plain

飛行ユニットは翼竜にのったトカゲ

 

さっそく2軍を国境付近へ移動させるも相手がフルスタック×2の編成で引く。

どうしようか迷っていると、前回仲良くなったおっさんがネズミの一拠点を包囲してくれた。宣戦布告された時から出兵を要請していたのでかなりの重役出勤だがまあ助かったのでよしとする。

 

その隙にネズミ領地に1軍2軍の全軍で進軍。グングン拠点に進軍中。防衛部隊しかいない拠点をさっくり制圧し、部隊駐留中の首都に突撃。

 

f:id:hataagenikki:20181014170837j:plain

 

同じ規模の軍勢の上に防衛線のネズミのほうが優勢。そんなときは自ら指揮して勝利をもぎ取るのだ!

 

f:id:hataagenikki:20181014171037j:plain

 

ちょっと何がなんだかわからない。

普通に考えてFEの終盤並みにユニットがいるのにリアルタイムで動かすなんて無理じゃないですか?突撃命令出したはずのユニットがマップの端でくつろいでるのはどういうことなんです?

 

しかも門前を全然突破できないから確認してみると

f:id:hataagenikki:20181014171525j:plain

なんかやべーのいる。

ネズミ駆除のために屋根裏入ったらニホンオオカミが出てきたかのような衝撃。全然ダメージ喰らわないしなんか雷出してるし。こいつ量産すればネズミ勢力はあっさり天下統一できるのでは?

 

雑兵、弓、トリケラトプス、飛行ユニット、長距離砲を結集し何とか倒す。

f:id:hataagenikki:20181014172009j:plain

ここを制したものが戦場の勝者

その後は数の暴力で拠点を制圧。ネズミの主力部隊殲滅に成功した。

休む暇なくおっさんが包囲している拠点へ急ぐ。同時に出兵要請を解除しておっさんには帰ってもらう。

 

…はずだったのだが、おっさんがそのまま拠点を制圧してしまった。

結構重要な拠点だったので死ぬほど邪魔なおっさん。他の拠点も自軍領地と近いので迂闊に戦争も仕掛けられない。同盟解除のデメリットがどの程度かはわからないが、civと同じだと全世界から嫌われリンチされることになるのでとりあえず放置する。

 

とりあえず首都周辺は落ち着いたので今後の方針を決める。ここより北は吸血鬼とエジプトの領地でリザードマンが暮らすのには適していない気候らしい。キャンペーンの目的はすごい竜巻みたいなものを我が物にすることらしいが、素材を集め儀式を成功させていくことで竜巻を制御できるようになるらしいので、大陸を平定する必要はない。そのため北はマジノ線を引いて進軍はしない。

とはいえ、儀式用の素材を集めるために領地は広げたいので南に進軍することにする。まずは近くに居を構えるオーク勢力を戦うことになりそうだ。

f:id:hataagenikki:20181014173425j:plain

トリケラトプスと遊ぶネズミさん



 

Total War: WARHAMMER II リザードマン 初心者プレイ日記1

 

f:id:hataagenikki:20181010201712j:plain

 

Total WarシリーズはWARHAMMER無印のみプレイ済み

無印はグリーンスキン(オーク種族)の圧倒的暴力でゴッリゴリのゴリ押しクリア済み。2がセールしてたのと最近フォートナイトにハマりすぎて頭がおかしくなりそうだったのでリハビリのために購入。

ちなみに日本語化MOD適用してのプレイ。テスト段階らしいが結構な範囲が翻訳されていて助かる。いや本当にありがたい。後20年若ければ将来の夢は洋ゲー翻訳者にしていた。

 

さっそくグリーンスキン枠っぽいリザードマンでプレイ開始。脳みそ空っぽにして殺しまくるぞーっとワクワクしてたが、リザードマンは意外に知的な種族だった。見た目も

屈強なトカゲ男を想像していたが、魚介類的なユニットが多くてちょっとがっかり。

 

序盤に戦闘方法などを一通り説明してくれるチュートリアルをオンにして順調に進めるも、軍団維持費をかけすぎて首が回らなくなったところでケイオスに蹂躙され終了。まあ初プレイはこんなもんでしょうということで最初からやり直す。

チュートリアルはオフにしたが同じ流れで近くの蛮族を倒しに行く。蛮族ごときに自ら指揮を執る必要もないでしょう。自動戦闘でさくっと…

 

f:id:hataagenikki:20181010210537j:plain

 

敗北。敗北?普通に全滅しましたけど?

何度ロードしても勝てなかったので手動戦闘で戦う。

 

f:id:hataagenikki:20181010210031j:plain

わちゃわちゃ感が楽しい

戦闘画面の操作はまだおぼつかないので、初期ボーナスユニットの長距離砲で敵を釣って正面から殴り合う。囲んで叩くと効率良くダメージを与えられるらしいけど戦闘中はそこまで頭が回らず。そこそこの損害を出しながらも勝利。

蛮族を1都市まで追いつめたところで近くのおっさんに媚びを売り仲良くする。これもチュートリアル通り。

 

f:id:hataagenikki:20181010211737j:plain

 

 昔の中国人が提唱したらしい遠交近攻をガン無視するスタイル。ストラテジーゲームのセオリーからも外れる行為だが吉と出るか凶と出るか。

 

そして孤立した蛮族にとどめをさす。

 

f:id:hataagenikki:20181010212253j:plain

復讐の自動戦闘

今回は自動戦闘でも勝てたがそこそこの被害を受けてしまった。無印の自動戦闘は自分が操作するより勝率が高かった記憶があるのだけど、2ではあまり頼りにならないかもしれない。

平和になったジャングルでぬくぬく内政していたらお隣のネズミさんに喧嘩を売られた。

 

f:id:hataagenikki:20181010212848j:plain

なんでこんな嫌われとるんです?

 

お隣と言ってもネズミ種族は普段隠れているため今回が初対面。初対面なのに好感度は-72と最悪の出会い方。爬虫類に恨みでもあるんですかね。